薬剤師さんの アロマ

beauaroma.exblog.jp
ブログトップ

タグ:医師がつくったメシマコブ ( 5 ) タグの人気記事

治るまでには…



ほんとに、厳しく、たいへんな道のりでした。


せんせいから、

「治り方は教えるけれど、治すのは、自分なんだ。」

と、言われました。


せんせいから、言われたことは、何でもしました。


わたしは、とても努力しました。

もういやだ…もうだめだ…なんて気持ちになることもあったけど、

また元の病気の自分に戻るのか??

と、せんせいに問われると…


いやだっ ぜったいに、いやだっっ

…と、わたし全体が、強く叫ぶのでした。


ここまで、やってこれて、

すごいぞ、よくやった!…と、

自分で、自分をほめてあげたくなります。



でも、ほんとうに、治りたいから…

その一心があったから、

せんせいのガイドで、「治癒に向かって」いけたのだ…と

思います。

                        







[PR]
by nikkori-aroma | 2015-08-27 23:01 | ◎ わたしの治癒体験

親も兄弟も…


お医者さん。


職場の病院、薬局、友人にも、

わたしの周りは、

何人ものお医者さんが、いつもいました。



でも、子供時代から、ずっと困っていたびょーきを

治して元気にしてくださったのは、

あとにも先にも、せんせいだけ、です。
           

         


[PR]
by nikkori-aroma | 2015-08-27 07:54 | ◎ わたしの治癒体験

治っていくと、ふしぎなことが…


びょーきの時の、

わたしの周りにいた、親しかった女の子たち…


生理痛、鼻炎、偏頭痛、ぜんそく、便秘、腰痛、高血圧、などなど…

全員、体の不調をかかえていました。


同僚、友人、親戚、、、


元気で、はつらつ、かろやか〜!

…なんて人は、一人もいませんでした。



せんせいに、びょーきを治していただいて、

わたしが、元気になっていくと、

ふしぎと、親しかった人が、

一人減り、二人減り、、


いつのまにか、みんな、私から、はなれていきました。


そして、わたしは、

それを少しも、さみしいとは、思いませんでした。


びょーきが治ってから、嫌いになって捨てた服、モノ、と同じように、

身近な人も、いなくなって、


すっきり!


…したのです。







[PR]
by nikkori-aroma | 2015-08-22 09:09 | ◎ わたしの治癒体験

ほんとは、わたし…


私は、お酒には強いと思っていました。

酒豪とか言われたこともあるくらいです。

それが…

せんせいに、病気を治していただいてからは

グラス一杯のワインで、頬が赤くなり、頭もぽあ〜んとなり…


それは、

「もともと、あなたは、アルコールを分解できない体質なんだ。

いままで、飲んだお酒は、からだが吸収できなかっただけ。

元気になって、吸収できる身体になった、ということだよ。」


と、せんせいが教えてくださいました。


それまでの私の生活で、欠かさなかったアルコール…

それが、実は飲めない身体だったとは…


なんと、からださんに悪いことをしていたのか…

病気になって、死にそーになって、当たり前ですね…



                          




[PR]
by nikkori-aroma | 2015-07-01 23:17 | ◎ わたしの治癒体験

麦茶色の、おしっこは…


前にも、せんせいの治療を受けたたびに、出ていました。

初診のあとの、おしっこは、忘れもしません。

あまりのにおいの臭さに、何度も水を流して、部屋から出られませんでした…

治療の途中でも、せんせいから、

「いま、出るよ。トイレ行ってきてごらん…」

と言われるまま、行ってみると…

出る出る、くさくて濃いーのが…


でも、こんなおしっこが出てくれると、

からだの中がまた、きれいになったんだ…と思って、

帰り道の足取りも、かろやかになっているのでした…




[PR]
by nikkori-aroma | 2015-06-12 14:51 | ◎ わたしの治癒体験